高血圧に効くサプリメントといえば?おすすめはこれ!

高血圧に効くサプリメントといえば?おすすめはこれ!

高血圧に効くサプリメントのおすすめ

発汗と高血圧

 

高血圧は大きく分けて2つのタイプに分類されます。原因がわからない「本態性高血圧症」と、原因を何かの疾患に求められる「二次性高血圧症」です。どちらも高血圧自体の自覚症状がほとんどないという点で共通していますが、二次性高血圧症の場合は、原因疾患によって症状に違いが現れます。

 

今回は発汗症状をともなう二次性高血圧症の原因となる疾患について紹介します。発汗の症状をともなう高血圧症の原因として考えられる疾患には、褐色細胞腫や甲状腺疾患などがあります。それぞれの疾患がどのようなものか、また高血圧とどのような関係があるのか見てみましょう。

 

副腎髄質や傍神経節に腫瘍ができる病気を褐色細胞腫と言い、患うとカテコールアミンというホルモンが過剰に分泌されるようになります。血圧の上昇を引き起こすため、カテコールアミンは「血圧上昇ホルモン」とも呼ばれることもあります。この疾患における主な症状には、発汗過多、動悸、めまい、嘔吐、頭痛などがあげられます。

 

甲状腺ホルモンの異常により起こる病気を甲状腺疾患と呼びます。甲状腺ホルモンの過剰分泌が起こる甲状腺機能亢進症、分泌不全が生じる甲状腺機能低下症、甲状腺がん、単純性甲状腺腫などを総称して、甲状腺疾患と呼びます。

 

特に血圧の上昇と大きく関係しているのが、バセドー病などに見られる甲状腺機能亢進症です。これは、代謝の異常な活性化が起こることに伴って発汗過多になり、血圧が上昇する場合があります。発汗や高血圧の他、動悸、頻脈、眼球突出などの症状も併せて現われるのもその特徴です。

 

一見わかりやすそうですが、実際にはこうした症状が現れるにも関わらず、体の異常個所の特定が難しいため、常に原因不明の体調不良が続いているように思われ、うつ病やなまけ者と周囲から誤解を受けることも少なくありません。

 

このように、発汗の症状が高血圧によって現われるのは原因疾患によるもので、高血圧が発汗を引き起こすわけではありません。高血圧だから汗の量が増えるのだという考えに縛られず、褐色細胞腫や甲状腺疾患などの別の疾患の存在を疑って、医師に相談して診てもらうようにしましょう。

 

もしも発汗過多以外の症状が出ている場合であればその可能性は一層高くなります。正しい治療を受けてこそ、原因疾患も高血圧も治癒や症状の改善が見られますので、軽く考えずに丁寧に対処することが大切です。

 

高血圧と生活習慣

 

 

高血圧治療の方法としては「非薬物療法」と「薬物療法」とに大別されます。つまり食事や運動など生活習慣の改善によって治療する方法と、薬で治す方法とがあるということですね。高血圧の程度によっては、生活習慣の改善だけで十分治療が進む場合もあります。

 

高血圧は、一生付き合っていくことも少なくありませんから、生活習慣の改善でその予防・改善を行うことが重要です。非薬物療法には、食事療法、運動方法、生活療法の三つがあって、これらを組み合わせて行うことで改善効果が見られるようになります。

 

どれかひとつでも不十分だとうまく効果が出ないことも多いので、三つをひとつと考えて行いましょう。また、ストレスは血圧を上昇させますので注意が必要です。人によっては、医師の前で血圧を測ったときには、血圧値が上がるという人もいます。

 

これは「白衣現象」と呼ばれ「緊張」というストレスがかかって起こる症状です。また、神経質で完璧主義な人ほどそうしたストレスがたまりやすいために、意識してストレスを発散する必要があります。

 

よくA型はストレスがたまりやすいと言われますが、医学的には血液型による性格やストレス耐性の違いはないと言われています。マイペースを維持しつつ、ストレスフリーの生活を心がけましょう。まずは、食事、歩行、おしゃべりなどが生活の中で充実すると良いかと思いますので意識して取り組みましょう。

 

また、良質な睡眠の確保は大切です。必要な睡眠時間は個人差がありますが、その睡眠時間に満たないと無意識に疲労やストレスがたまって、血圧が上昇する可能性があります。ですから、睡眠時間を確保すると共に気持ちよく眠れるように睡眠環境を整えて生きましょう。

 

入浴は、身体を温めることで血管を拡張し血行をよくするため、血圧を下げる効果があります。また、疲労回復やストレス解消にも効果があります。この時、あまり熱くしすぎたり冷たくしすぎず、ぬるめ(40℃くらい)のお湯にすること、長湯はしないこと、寒い季節は急な温度変化を避ける(血圧を上昇させる)ため、脱衣所や浴室まで暖めるようにすることなど気をつけましょう。

 

心臓に合併症のある高血圧の場合により注意が必要です。性行為は一時的に血圧を上げる効果が強いので、収縮期血圧が180mmHg以上ある場合や、心臓に重い障害がある場合は注意する必要があります。それに該当しなければ、特別に制限したり注意を払う必要はありません。

更年期の高血圧に効くサプリはこれ!

 

夜間高血圧とは?

 

夜、私たちが眠っている時間帯は、体がリラックスするように切り替わっているため、血圧も比較的低い状態で安定しています。朝になって目が覚めるときには、体内のホルモンの作用でやる気が出るようにスイッチが変わり、それに伴って血圧もいくぶん上昇します。

 

これが人間の本来もっている、健康的な生活パターンなんだそうです。しかし、夜間高血圧といわれる状態になると、夜になったにも関わらず、日中の高い血圧のまま血圧が下がらなくなってしまいます。

 

こうした夜間高血圧の人にはいくつかの共通点があることが知られています。その夜間高血圧の傾向とは、たとえば、睡眠無呼吸症候群であることです。睡眠無呼吸症候群というのは、睡眠時に、のどの筋肉が緩むなどの様々な原因によって、気道が狭まり、呼吸が一時的に止まってしまう病気です。

 

これは程度がひどい人だと、数分間もの間、呼吸が止まってしまっているということもあり、寝ているにも関わらず、体が緊張状態を抜け出すことができずに、血圧が高いままになってしまいます。この睡眠無呼吸症候群になると、夜間高血圧の他にも、多血症という血液が過度に濃くなる病気にもなりやすい傾向があります。

 

また、夜間高血圧になりやすい人は、糖尿病、自律神経失調症、心不全、脳梗塞、腎臓病などを患っている人だと言われていて、心あたりがある方は一層注意が必要です。

 

また、アイルランドで行われた実験ですが、主に日中に高血圧である場合と、夜間高血圧である場合、どちらのほうが危険度が高いかを調べたところ、その結果、夜間高血圧の場合の方が、死亡率が高くなることがわかり、世間を驚かせました。

 

そして、脳や心臓などの血管病が原因で倒れてしまう事故は、朝の時間帯に一番多いことがわかっています。この原因のひとつに夜間高血圧が考えられていて、血圧が下がっているはずの夜に血圧が高いままであることが関係しているとされています。

 

つまり、夜から朝にかけて血栓が作られてしまい、それで朝になってさらに血圧が高くなってしまう、そして最後に脳や心臓の血管が詰まるという悪い出来事が重なって起こってしまうのではないかと考えられています。

 

夜間高血圧の人は基本的に一日のうちのほとんどの時間帯が血圧が高い状態となってしまうため、自覚は無くとも体にかかる負担はかなり大きくなっていることが予想されますので注意が必要です。

 

うつ病に有効?コエンザイム

 

近年、現代人のうつ病というのが大きな社会問題として浮上しています。人間の心というのは自分の身に起こった嫌な事などに影響されやすく、問題が解決する、時間が経過するにつれ回復に向かっていきます。

 

しかしうつ病は原因の解消や時間に関係なくずっと気分が沈んだまま回復せず憂鬱状態が続く精神的病を指します。この病気は心と体に症状が現れます。

 

睡眠や食欲の増減、疲労感、倦怠感、頭痛、様々な症状があらわれ喜怒哀楽の消失や思考力低下、最悪の場合精神を病みすぎて自ら死に向かってしまうという悲惨な状況にも。脳の機能障害や性格、ストレス、持病など要因は様々です。

 

この病気に有効なのが、コエンザイムなのです。人間の受けたストレスは体内の活性酸素を増やしすぎてしまい、対応できなくなって酸化を進めてしまいます。

 

酸化は気分や判断力に関係してくる神経伝達物質の分泌が異常となり気分の消沈などに影響してくるのです。つまり、体の酸化もうつ病の原因の一つと言えます。

 

なので、抗酸化作用をもつコエンザイムQ10を摂取することで活性酸素を減らし酸化を防げるので、病気にも有効だと言えるのです。コエンザイムは食事でもとれますが、効率を考えればサプリがいいでしょう。

 

美容、健康だけでなく精神面にも効果が期待できる成分なので、最近気分がはれないという方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

参考:コエンザイムQ10サプリのランキング

更新履歴

copyright 2016 高血圧に効くサプリメントといえば?おすすめはこれ! All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。